六角脳枕のヒンヤリ構造

 

スムーズに寝ることができるようになるには、そのための環境が整うことが重要です。

その中の一つが「温度」です。

寝つきの良さを実現するためには、周囲の温度が適温になる必要があります。

寝つきを良くするには、「頭部を冷やして足を温める」というのが大切だと言われています。

頭が温まっている状態だと頭に流れ込む血流が増えて、ノボせてしまい寝付きにくくなります。

ですので、寝つきを良くするには頭を冷やす方が良いのです。

今まで温度をコントロールするような安眠枕は存在していませんでした。

それを六角脳枕は保冷剤を枕の中に入れることで実現しました。

特に、これは真夏の熱帯夜など、熱くて眠れない夜などには、効果を発揮すると思います。

このように、六角脳枕はヒンヤリ構造を持つスグレモノの安眠枕なんですね。

ただし、寒い冬だと、頭が冷えすてしまうので取り外した方が良いかもしれませんね。

もし、頭がのぼせて寝つきが良くないとお感じの方は、六角脳枕を試してみてはいかがでしょうか?

六角脳枕の素材は低反発マイクロウェーブ素材

安眠枕の種類も多く、それに使われている素材も多種多様ですね。

プニプニして感触が良い極小ビーズを使った枕もあります。

ストローを細かく切ったような素材のパイプ・ビーンズを使った枕は通気性が良いのが特徴です。

水鳥の羽毛を使った羽毛・フェザー枕は通気性が良くて独自のふんわり感があります。

六角脳枕の場合には、独自開発されウレタン素材である「低反発マイクロウェーブ素材」が使われています。

低反発マイクロウェーブ素材は、頭や首に一体化するようなフィット感があり、通気性・肌ざわりも良いのが特徴です。

また、気温の変化に対して強いので、夏でも冬でも一定の性質を保つことができます。

ですので寒い冬は気温が低くなるのですが、六角脳枕の低反発マイクロウェーブ素材は固くなりません。

六角脳枕に低反発マイクロウェーブ素材は、このような性質を持っているので、四季がある日本でも1年中、快適な眠りを提供することができます。

ただし、ウレタン素材ですので選択できるのは外側のカバーだけになります。

六角脳枕のユーザーの口コミについて

六角脳枕を愛用しているユーザーの多くは、肩凝りや首の凝りに悩んでいる方のようです。

パソコン作業や根を詰めた作業をしたらすぐに肩こりや首こりになっちゃいますね?

でも、温泉やマッサージに行くと時間もお金もかかってしまいますし、凝りが治っても一時的です。

そこで、寝る時に使っている枕に注目して、六角脳枕を使い始めた方も沢山いらっしゃいます。

そんな方々の口コミをご紹介します。

・45歳女性
今まで、肩こり解消するのにマッサージに行っていました。六角脳枕を使い始めてから、肩凝りも軽くなり、朝の目覚めが格段に良くなりました。

・52歳男性
ヒンヤリ構造は真夏の熱帯夜の時に大活躍です。保冷剤でヒンヤリして気持ち良く眠りに就くことが出来ます。

・40歳女性
今までは、ソフトな枕を使っていましたが、これがいけなかったのだと感じ
この枕を使い始めました。高さも私には合っているので良かったです!

どうして六角脳枕は六角形の形にデザインしてあるの?

安眠枕は、たくさんの種類が販売されていますが、その中で六角形にデザインされているのは、この六角脳枕だけです。

でも、どうしてそんな珍しい六角形のデザインになっているのか?

皆さんの中にも不思議に思っている方がいると思います。

実は、六角形の形にデザインされたからと言って、特殊な効果が出るわけではありません。

ただ、縁起担ぎと言うか、開発者のこだわりです。

この世の中で、六角形という形をしている物を探してみるとハチの巣や新幹線の床、ジェット機の羽、スキー板などなど、たくさんあります。

それに、私たちの身体の中にある細胞も六角形なんですね。

この六角形というのは、別名「ハニカム構造」とも呼ばれています。

六角形を平面充填した場合、変形しにくくなると同時に、ある方向から力が加わった場合、力が分散しやすいという特徴があります。

六角脳枕の開発者は、この六角形という形の優れた特徴が気に入っていて、「みんなの睡眠時のトラブルを無くしたい」という思いがあるのだそうです。

六角脳枕は、肩こり・首こりでお悩みの方におすすめ!

皆さんは、毎晩、ぐっすりと眠れていますか?

朝起きたら、首や肩がコチコチになっていて痛くなっていたり、首こりが酷くなって頭が痛くなったりしてお悩みの方もいらっしゃるみたいです。

そんな方におすすめしたい安眠枕が「六角脳枕」です。

実は、寝ている間に肩こり・首こりになってしまうのは、枕の高さが合っていない場合が多いんですね。

普通の枕を使っていると、仰向けで寝ている状態で枕の高さが合っていても、寝返りを打って横向きになった状態になると枕の高さが合わなくなります。

実は、私達は寝ている間に寝返りを大体、20回から30回も打つそうです。

そのような理由から、六角脳枕は特に寝返りを打ちやすいような特殊な形に設計されています。

その特殊な形というのは、Wの形です。

この形が寝返りを打っている最中に、首の筋肉の負担を失くして首こり・肩こりにならないようになっているのです。

肩こり・首こりでお悩みの方は枕選びが間違っているのかもしれません。

もし、六角脳枕に興味があるのでしたら、一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

六角脳枕が知名度が高い理由

低反発枕で良く知られているのが六角脳枕ですね。

フジテレビ系の「めざましテレビ」や秋田テレビ、千葉テレビ、テレビ山梨などローカルのテレビ局の番組でも取り扱われています。

特に千葉テレビの「ナイツのヒット商品会議室」という番組においては、お笑い芸人のナイツが六角脳枕を特集しています。

また、歌手の松村和子さんが出演した「いいモノ見~つけた♪」という番組でも紹介されたことがあります。

また、雑誌「女性自身」でも掲載されました。

このように数多くのメディアで紹介されている枕って珍しいかもしれません。

しかし、そのせいで順調に愛用者が増えつづけているようですね。

愛用者の中にはフットサルのアスリートやスピードスケートのオリンピック選手などもいますので、潜在的に沢山のアスリートにも愛用されていると思います。

このように沢山の愛用者が存在しているおかげで、インターネット上にも多数の口コミがあります。

今現在、六角脳枕に興味を持っているんだけど、「実際に使っている人たちの声が聴きたいな~」と思っている方には、そのような口コミが大いに参考になります。

口コミについても、絶賛している意見もあれば、気に入らないと言っている意見もありますので、いろいろな意見を参考にして判断しましょうね。