六角脳枕のヒンヤリ構造

 

スムーズに寝ることができるようになるには、そのための環境が整うことが重要です。

その中の一つが「温度」です。

寝つきの良さを実現するためには、周囲の温度が適温になる必要があります。

寝つきを良くするには、「頭部を冷やして足を温める」というのが大切だと言われています。

頭が温まっている状態だと頭に流れ込む血流が増えて、ノボせてしまい寝付きにくくなります。

ですので、寝つきを良くするには頭を冷やす方が良いのです。

今まで温度をコントロールするような安眠枕は存在していませんでした。

それを六角脳枕は保冷剤を枕の中に入れることで実現しました。

特に、これは真夏の熱帯夜など、熱くて眠れない夜などには、効果を発揮すると思います。

このように、六角脳枕はヒンヤリ構造を持つスグレモノの安眠枕なんですね。

ただし、寒い冬だと、頭が冷えすてしまうので取り外した方が良いかもしれませんね。

もし、頭がのぼせて寝つきが良くないとお感じの方は、六角脳枕を試してみてはいかがでしょうか?